なた豆栽培農家との契約

なた豆の副作用について

なた豆には副作用があるとされています、これはなた豆に含まれる毒のことが言われているようです。
実はなた豆にはアカナタマメ、シロナタマメ、タチナタマメと種類が分かれており、
このうちアカナタマメとタチナタマメには毒があるのです。

 

これらは一般には食用とされていませんが、アカナタマメの毒は弱毒でそれほど毒性は強くないことと
ポリフェノールが含まれているために、おもになた豆茶やなた豆歯磨きとして用いられています。

 

弱毒といえど毒が心配されますが、加工されているものは焙煎して出荷されてるので焙煎の過程で
毒性はほとんどはなくなってしまいます。

 

なた豆の毒はタンパク毒なので毒が熱に弱いため分解されてしまうのですね。

 

ちなみにこちらにくわしく書かれてますがシロナタマメには毒はありません。
http://craft-search.com/

 

一般になた豆歯磨きには毒があるとも言われているのですが、副作用ではなく
これらの毒によるものが原因とされています。

 

基本的には毒性は少なく、焙煎にて分解されているのですが、人によっては
嘔吐や下痢をする場合があるみたいですね。
だから口臭予防でなた豆を使用する場合は
下処理が面倒なので加工されたる歯磨きなどを使用しましょう。
あまり体質に合わないと感じたのであれば使用はやめておいた方がいいでしょう。

 

なた豆歯磨きはいろいろ種類がありますがこういうなたまめ歯磨きなんかおすすめです。